Basis Blog

オーダー家具やオーダーキッチンのこと、日々の暮らしなど。

オーダー家具

引出レールいろいろ

投稿日:2017年11月5日 更新日:

カップボードやTVボードの収納方法として便利な引出し。奥に収納したモノが簡単に取り出せるので、特に奥行きのあるキッチンなどでは引出しが大活躍します。
そんな引出しですが、使用するレールの種類によって使い心地や見た目、更にコストまで大きく変わるので、レール選びがとても重要なんです。このレールの重要性って意外と知られていない気がします。
そこで、今回は当社で主に使用しているレールを3タイプご紹介します。

1.底引きタイプ
主なメーカー名:ブルム(オーストリア)

底引きレールの一番の長所は、引出しを開けたときにレールが一切見えないところ。
たったそれだけの事ですが、レールが見えるのと見えないのでは、家具の雰囲気が大きく変わります。
特にヨーロッパのハイエンド家具やキッチンなどに重用されているブルム社のブルモーションレールは、他社に比べてとても動きが滑らかで、また長期使用における調整のし易さなど、とにかく優秀!それゆえに、価格が他社のレールに比べて高いのが難点です。
それでも、価格以上の価値がいっぱいあるので、当社ではブルムのブルモーションレールを標準仕様としています。

 

2.横引きタイプ
主なメーカー:スガツネ(日本)、HAFELE(ドイツ)

日本で販売されている収納家具で一番重用されているのが、この横引きレールです。
引出しの側面に取り付けるので、引出しを開けた時に見えてしまうのが難点ですが、安定性があり、底引きレールに比べて価格がとても安価なので、ワードローブなどプライベートルームに設置する収納家具でコストを抑えたい場合にとてもオススメです。

 

3.吊桟タイプ
極端に浅い引出しなど、金物レールが使用できない場合に採用するのが、この吊桟タイプです。
本体側に木桟を取り付け、木桟サイズに合わせて引出しの側板を彫り込むことで、桟に沿って引出しの出し入れをします。個人的には横引きレールより見た目が好きですが、金物レールに比べて吊桟タイプは耐荷重や開閉の滑らかさに劣るため、文具など小物を収納する場合にピンポイントで採用しています。

-オーダー家具
-,

執筆者:

関連記事

節有りのウォールナット突板

先週、旭川に出張した際、突板メーカーにも行ってきたのですが、その際新商品としてご紹介頂いた節有りのウォールナット突板です。 節有りのナラ突板はすでに何度か使ったことがあるのですが(サンプルを立てかけて …

引出と扉、どちらが便利?

オーダーキッチンやオーダー家具を検討する際、収納方法について引出がいいのか、扉に可動棚の組み合わせがいいのかで迷われることが多いと思います。 そこで、今までの経験をもとに、引出と扉+可動棚、それぞれの …

オーダーテーブルは天板の仕様が重要

オーダーテーブルについて。 オーダーテーブルといってもダイニングテーブルやローテーブル、サイドテーブルなど色々種類がありますが、基本的には天板と脚の組み合わせになります。 まず天板の素材ですが大きく分 …

引戸仕様のオーダーテレビボード

建築設計事務所様によるデザインのオーダーテレビボードです。 自分の場合、中央のAV機器が入る部分はリモコン操作ができるように、いつもルーバー扉かガラス扉でプランしていましたが、今回初めて引戸仕様を製作 …

オーダー家具の中で一番難易度の高いオーダーチェア

オーダー家具の中で一番難易度の高いオーダーチェア。 オーダーチェアは個人宅用というよりレストランなどで使う商業用に向けて製作することがほとんどです。個人的な感覚として、プランするときに注意するポイント …