ロゴ

オーダー家具やオーダーキッチンのこと、日々の暮らしなど。

オーダー家具

ディテールを大切に。

投稿日:


設置条件を生かす。

スキップフロアの段差を利用したブックシェルフです。

スキップフロアの下が吹き抜けになっているため、本が落ちないように少しだけ立ち上がりを設けています。

さらに、お客様にはこれからお子様が生まれるため、本棚に潜っても大丈夫なように、立ち上がりの幅と同じ桟を2本追加。

吹き抜けの開放感をできるだけ生かしながら、安全対策を考えた結果です。


ディテールを大切にする。

また、スキップフロアにあがるためのはしごも併せて製作。

フィラーと呼ばれる、家具と天井との隙間を埋める部材の幅を生かして、はしごを引っ掛ける仕様です。
こうすれば、本を取り出す時に簡単に横にスライドさせることができます。

今回この部分がプランする上で一番悩んだポイント。

フィラーの幅を大きくとればはしごが簡単に引っ掛けられる反面、見た目がパリッと締まりません。

反対に、フィラーの幅を小さくとればブックシェルフがきれいに見えますが、今度ははしごを引っ掛けるのがとても大変。

こういう時は、スチレンボードで部分的に原寸模型を作り、実際の大きさで検証すると、とてもよくわかります。


シンプルなデザインだからこそ、普段気づかないような、細かい部分(ディテール)をしっかりとこだわることを、これからも大切にしていきたいと思います。

-オーダー家具
-,

執筆者:

関連記事

オーダーテーブルは天板の仕様が重要

オーダーテーブルについて。 オーダーテーブルといってもダイニングテーブルやローテーブル、サイドテーブルなど色々種類がありますが、基本的には天板と脚の組み合わせになります。 まず天板の素材ですが大きく分 …

オーダーソファを検討する際の3つのポイント

オーダー家具の中でも比較的馴染みの少ないオーダーソファ。 おそらくソファをフルオーダーできることを知らない方が多いのではないかと思います。 オーダーソファは大きく分類して単独で置く独立タイプと、部屋の …

パズルのようなキャビネット

収納もたくさん欲しいし、本もディスプレイしたい。ついでに隠し収納も。。さらに、システムキッチンと横並びでくっつけたい。そんな、オーダー家具にもってこいのキャビネットのご紹介です。 お客様からのオーダー …

ボリュームと、ソリッド。

ボリュームと、ソリッド。 ぼくがオーダー家具やオーダーキッチンをデザインする上で、指針となるテーマの一つです。 一般的には、という言い方が正しいかは別として… カッコよく見せたい時は、「薄く、軽やかに …

オーダーTVボードはAV機器収納を基準にプラン

オーダーTVボードについて。 TVを設置する場所の両側が壁に挟まれている場合、置き家具にするか、壁から壁までの壁面造作家具にするかでまず悩まれることが多いと思います。キッチンルームに比べてリビングルー …