ロゴ

オーダー家具やオーダーキッチンのこと、日々の暮らしなど。

オーダーキッチン

オーダーキッチン、という選択肢

投稿日:


まだまだハードルの高いオーダーキッチン

オーダーキッチンはハードルも金額も高くて、世間一般的には、まだまだ遠いイメージなんだろうなって感じることが多々あります。

自分がオーダーキッチンに携わるようになる前は、まさにそんなイメージでした。

その反面、システムキッチンはとっても分かりやすい。

システムキッチンは、基本的にいくつかの選択肢を組み合わせて作ります。

例えば、レイアウト、サイズ、天板、扉、取手の種類、設備機器などなど。。

予め決められた選択肢の中から、好みと予算に合わせて組み合わせていく。

オーダーキッチン屋のぼくがいうのも変だけど、シムテムキッチンで希望が叶うのなら、システムキッチンで十分良いと思う。

なにより、完璧にコーディネートされたカタログを見るのが本当に楽しい。

車とかもそうだけど、カタログを隅から隅まで何度も眺めながら、製品が届くまでの待ち遠しい時間を楽しむカンジがとても好きです。


オーダーキッチンを検討する2つの理由

オーダーキッチンを検討するとき、おおきく分けて2つの理由があります。

1つ目は、日頃からキッチンにとてもこだわりがあって、自分が理想とする具体的なキッチンのイメージを持っている場合。

まさにオーダーキッチンの得意とするところで、素材やレイアウトなどのベースとなる部分から取手や収納パーツなどの細かいところまで、思う存分こだわっていただきたいです。

2つ目は、もともとシステムキッチンで検討していたんだけど、サイズが合わなかったり、どうしてもスペックしたい設備機器が選べなかったりして、システムキッチンで希望が叶わない場合。

実はこのケースが、潜在的にとても多いのではないかと思っています。

ストレスなく妥協できるのであれば、全然オッケーだと思うけど、どうしても後ろ髪を引かれるのであれば、ぜひオーダーキッチンという選択肢があることをみんなに知っていただきたいです。

特に各システムキッチンメーカーの上位グレードで検討されている場合は、たぶんそんなに予算変えずにオーダーキッチンが手に入ります。

キッチンは、一度買うと、10年から20年ぐらいは付き合い続けるもの。

だからこそ、もっとオーダーキッチンを身近に感じてもらえるように、これからも伝えていきます。

-オーダーキッチン
-

執筆者:

関連記事

no image

オススメの設備機器

オーダーキッチンの特徴の一つである、自由な設備機器の組み合わせ。 国内メーカー、海外メーカー含めてカテゴリーごとにおすすめの設備機器をご紹介します。 (2017年9月現在) <ビルトインコンロ> Ri …

Basisらしさ

  ぼくたちのようなオーダー家具やオーダーキッチンを提案するメーカーは、お客様の頭の中にあるイメージをリアルな形にすることが主な役目です。 そして、お客様のイメージを汲み取りながら、そこにB …

海外キッチンメーカーについて

こんばんは。ベイシスの廣田です。 いかがお過ごしでしょうか? 先日、家具金物メーカー主催による海外キッチンのトレンドに関するセミナーに参加してきましたが、普段あまり目にする機会の少ない海外キッチンメー …

ボリュームと、ソリッド。

ボリュームと、ソリッド。 ぼくがオーダー家具やオーダーキッチンをデザインする上で、指針となるテーマの一つです。 一般的には、という言い方が正しいかは別として… カッコよく見せたい時は、「薄く、軽やかに …

オーダーキッチン天板の選び方

オーダーキッチンを検討する際にとても悩むのが天板の種類。代表的な素材を例に、それぞれの特徴を簡単にご紹介します。 1.人工大理石 <代表的なブランド> コーリアン http://www.dupont- …