Basis Blog

オーダー家具やオーダーキッチンのこと、日々の暮らしなど。

オーダーキッチン オーダー家具

ボリュームと、ソリッド。

投稿日:

ボリュームと、ソリッド。

ぼくがオーダー家具やオーダーキッチンをデザインする上で、指針となるテーマの一つです。

一般的には、という言い方が正しいかは別として…
カッコよく見せたい時は、「薄く、軽やかに、そしてシャープに」デザインすることがセオリーみたいに感じることがよくあります。

たしかに、天板の厚みが薄く、細く軽快な脚と組み合わせたシャープなデザインのダイニングテーブルは洗練されていてとてもキレイなんだけど、生活の道具として見ると、どうしても気後れしてしまう。

何故なら、シャープなデザインの製品は繊細なバランスなので、心理的な影響でどうしても慎重に取り扱いたくなるんです。モデルルームやゲストハウスのように日常使いではなく、イメージ作りが目的ならそれでも全然OK。

でも、自宅に置く家具やキッチンは毎日欠かさず使うものだから、臆せずもっと気軽に使って欲しい。

そんな理由で、ある程度まとまったボリューム感があった方が心理的な影響が軽減されて、安心して永く使い続けてもらえるのではないかなって思います。

 

 

例えば、このBasisオリジナルダイニングテーブル。

デザインコンセプトは、
「ずっと、ずっと、飽きずに永く使い続けたくなるダイニングテーブル。」

少し話は逸れますが、ダイニングルームの主役は何と言っても椅子だと思います。

椅子は、家具の中で一番デザインが難しく、そして世に出ている数が圧倒的に多い製品です。
特に50年代から60年代にデザインされて、今もなお現役で製作され続けている名作椅子には、時の洗礼を受けてきたからこそ生まれる、普遍的な美しさがあります。

だからこそ、様々な名作椅子たちと組み合わせても違和感がなく、椅子の魅力を最大限引き立たせながら寄り添うダイニングテーブルを作りたかったんです。

 

デザインテーマは「シンプル、ソリッド、プロポーション」

目指したのは、安定感のある佇まい。

「38mm厚の天板」と「80mm角の脚」、2つのソリッドな要素がダイレクトに伝わるように、フォルムは天板と4本脚のシンプルな構成。
あとは幕板(天板の下にある部材)の厚みを全体のバランスを見ながら慎重に決めて、安定感のある佇まいになるよう、プロポーションを整えました。
決して派手さはないけど、使い込めば使い込むほど愛着が感じられるダイニングテーブルです。

ボリュームと、ソリッド。

Basisが得意とするシンプルなデザインに奥行きと深みが生まれるように、これからも丁寧に向き合っていきたいテーマです。

-オーダーキッチン, オーダー家具
-,

執筆者:

関連記事

ゴミ箱の収納場所はシンクが基準

梅雨も明けて夏本番なはずが、最近すっかり梅雨空に逆戻りですね。。 昨日も休日を利用して子供とじゃぶじゃぶ池に行こうと思っていたのに、水遊びとは程遠い気温だったので、じゃぶじゃぶ池は諦めて急遽自転車で3 …

機能が盛りだくさんなオーダーソファ

ソファに収納用の引出と、ゲストが来た時に取り出せるサイドテーブルが欲しいとのご相談から製作しましたオーダーソファです。セットでサイドテーブルとデザインを合わせたローテーブルもご提案させて頂きました。 …

オーダーテーブルの脚は椅子との組み合わせを考えるのがポイント

オーダーテーブルの脚について。 椅子の収納数やテーブルの使い勝手という面から、テーブル脚のおおまかな種類をご紹介します。   コーナータイプ 一番馴染みのある、天板の四隅に脚があるコーナータ …

ソファカバーの見せどころ

リビングとダイニングの段差を生かして製作したベンチソファ。 ソファを設計するときにいつも考えることが、クッションカバーのステッチの方向について。同じカバーサイズでもステッチの方向を正面向かって縦方向に …

引出と扉、どちらが便利?

オーダーキッチンやオーダー家具を検討する際、収納方法について引出がいいのか、扉に可動棚の組み合わせがいいのかで迷われることが多いと思います。 そこで、今までの経験をもとに、引出と扉+可動棚、それぞれの …