インテリア

“センス”とは

投稿日:2018年1月15日 更新日:

 

見た瞬間に心を奪われたキャビネットでした。

 

昨年末にお客様からのご紹介で訪れた、竹芝にあるギャラリー”Gallery 916″
古い倉庫を生かしたモノトーンの大空間に、ぽつんと置かれた大きなスチール製のキャビネット。
通常のキャビネットに比べて奥行きがとても深いのは、おそらくアート作品を保管するためでしょう。

インセットの引き出しとシルバーのハンドルで構成されたシンプルなフォルムだからこそ、深い独特なブルーがダイレクトに伝わってきます。

空間と家具が見事に調和すると、もうなにも飾る必要がありません。

これが”センス”というものなのかなって。
それとも自分の”好み”なのか。

まだ自分には”センス”と”好み”の区別がうまくつかないけど、とても素晴らしい体験ができました。


センスは生まれ持ったものではなく、自分で磨き続けるものだと信じています。

 

本年もベイシスをどうぞよろしくお願いいたします。

-インテリア
-

執筆者: