インテリア

HIROSHIMA

投稿日:2019年4月17日 更新日:


日本橋での打ち合わせの帰り道、偶然マルニ木工のショールームを通りがかったので、少しお邪魔させていただきました。


深澤直人さんデザインのHIROSHIMAは、何度見ても美しい。

シンプルなフォルムに詰め込まれた無数のディテールたち。

直線と曲線のシームレスなつながりはとてもなめらかで、プロポーションが抜群にキレイ。

そして、声高に主張せず、佇まいはあくまで控えめ。

だから、HIROSHIMAはどんなデザインのテーブルにもコーディネートしやすく、また1脚単体で置いても画になるのではないかと思います。

いままで木製アームチェアといえば圧倒的にウェグナーのYチェアを選ぶ人が多い中、HIROSHIMAという強力な選択肢が生まれたことは、とても大きいと思います。

他にもイギリス版深澤直人さんみたいなイメージの大御所デザイナー、ジャスパー・モリソンとの共同デザインのプロダクトがいくつかあって、いわいる老舗メーカーだったマルニのイメージは、ここ数年でかなり変化した印象があります。


素晴らしいデザインに触れると、とてもうれしい気持ちになれます。

-インテリア
-

執筆者: