まめ知識

オーダーキッチンを考える10の質問。

投稿日:2019年6月24日 更新日:

 

オーダーキッチンを検討したいけど、何から考えれば良いか分からないあなたへ。

試しに、次の10の質問について考えてみてください。
きっと、おぼろげながら理想のキッチン像が見えてくると思います。

__________

Q1.好きなテイストは?
例:真っ白いキッチン、ナチュラルな木質系、シックな塗装系、框扉のほんのりクラシック系、など。

Q2.苦手な天板素材は?
例:ステンレスは質感が苦手、人工大理石は汚れが目立ちやすくて苦手、など。

Q3.収納は引出メイン?それとも扉収納でもOK?

Q4.加熱機器の熱源はガス or IH?

Q5.魚焼きグリルは必要?

Q6.食器洗浄機は必要?
必要な場合は、こだわりがありますか?(海外製品希望など)

Q7.水栓器具に浄水機能必要?

Q8.シンク下にゴミ箱置きますか?

Q9.シンクにこだわりはありますか?
(なるべくスクエアがいい、水切りプレートも使いたい、など)

Q10.そもそも、オーダーキッチンを検討する理由は?
例:とことんキッチンにこだわりたい、システムキッチンだと物足りない、天然木が好き、など。

____________

まず、Q1〜Q3は製作に関わる質問です。

好みのテイストについては、言葉で伝えるのが難しいときはインスタやピンタレストから画像探すのがオススメです。
コツとしては、ドンピシャな1枚の画像を探すのではなく、例えば天板はこんなイメージ、引出しはこういうレイアウトで、吊戸棚はこのぐらいのボリューム感、みたいに、各エレメントごとに画像を集めると、気楽に楽しく探すことができます。

天板は人工大理石やステンレスをはじめ、クォーツやセラミックなど、またそれぞれたくさんの色柄があります。
まずは今お使いいただいているキッチン天板に満足されているか、が大切な基準になります。
経験上、今使っているキッチン天板から変えたいという声が多い気がします。
苦手な素材を選択肢から省き、予算とにらめっこしながら検討すると、早い段階で素材が決まるので、あとは全体の雰囲気に合わせて色柄を決めていくイメージです。

収納については、基本的に扉収納より引出しの方が使い勝手は良いのですが、同時にコストも上がってくるので、コストを抑えたい場合は扉収納をメインにして、小物ケースやカゴをうまく併用するのがコツです。

Q4〜Q9は、設備に関する質問で、オーダーキッチンの大まかな機能を決めていきます。

特に知りたいのはQ6(食器洗浄機)とQ8(ゴミ箱)で、この2つはキッチンのレイアウトに大きく影響してきます。
ちなみに、各設備機器について具体的な機種まで事前リサーチする必要はなく、おおまかな方向性だけ分かれば大丈夫です。こちらからそれぞれオススメの機種をご紹介します。

Q10は、オーダーキッチンを検討する上での大切な「道標」になります。

オーダーキッチンは、システムキッチンと異なり、天板や素材選び、レイアウトなど無数の組み合わせがあります。
そのため、目の前の選択を重ねていくうちに良くも悪くもどんどん計画が広がっていき、収拾がつかなくことがあります。結果、どこかのタイミングで大幅な軌道修正をすることになるのです。おおきく膨らんだ夢を小さくするのは、少し寂しい作業です。
理想のオーダーキッチンを叶えるために、常に「道標」を意識することが肝要です。

以上、おおざっぱな内容で大変恐縮ですが、オーダーキッチンをご検討される際はぜひ一度お試しください。

 

-まめ知識
-

執筆者: