まめ知識

楕円の魅力。

投稿日:2019年4月6日 更新日:


楕円のテーブルには、ふしぎな魅力があります。


横に並んで座れる長方形の良さも、人数を限定せずに囲める丸の良さも兼ね備えた、マルチな機能性。

そして、簡単には描けない、楕円そのもののカタチが、空間に心地よいリズムをつくります。

実際にCAD上で数値を記入しながら描くと良くわかるんだけど、一言で楕円といっても、しゅっとした楕円から、ふっくらした楕円まで、弧の組み合わせ次第でいろいろなカタチの楕円があります。

楕円テーブルの代名詞であるフリッツハンセン社のスーパー楕円テーブルは、ふっくら型の楕円。
https://fritzhansen.com/ja-JP/products/Tables/b613_superelliptical_table

最近だと、HIROSHIMAチェアで有名な深澤直人さんデザインのRoundishテーブルは、長方形に近く、両端が少ししゅっとした楕円です。
http://www.maruni.com/jp/list/list-detail?lp=1010-34-0000


冒頭の写真は、以前製作した折りたたみ式の楕円ローテーブル。

長方形や丸に比べて楕円テーブルの数はまだまだ少なくて、あまり馴染みが薄いかもしれませんが、もしダイニングテーブルのカタチで悩まれていたら、楕円という選択肢もオススメです。

Basisでも、いつかオリジナルで理想的な楕円テーブルを作りたいと思います。

-まめ知識
-,

執筆者: