まめ知識

ダイニングテーブルのサイズ選び

投稿日:2019年2月8日 更新日:

ダイニングテーブルを検討する時、デザインや素材はもちろんのこと、特に悩むのが全体のサイズ選び。

テーブルサイズを検討するときの基準はいろいろありますが、押さえるべきポイントは、「部屋の広さ(通路幅)」と「合わせる椅子の数」の2つ。

今日は、このうち「合わせる椅子の数」について、代表的なサイズの事例をご紹介します。

120cm×75cm:4脚最小サイズ

4脚を合わせる場合の最小サイズです。ちなみにカジュアルな飲食店の4名テーブルはこのサイズが多いです。ただし、住宅のダイニングテーブルとしては、少し物足りないサイズかも。。

140cm×80cm:4脚標準サイズ

4脚テーブルの標準サイズ。最低このサイズがあれば窮屈にならずに食事が楽しめます。ただし、アーム付きの椅子を合わせる場合はちょっとキツイ。

160cm×85cm:4脚ゆったりサイズ

もし4脚ともアーム付きの椅子を選ぶときは、最低これぐらいのサイズが欲しいところ。ちなみに、アーム無しであればお誕生日席もできます。

180cm×90cm:6脚最小サイズ

少し窮屈になるけど、アーム無しであればなんとか6脚合わせることができるサイズ。アーム付きだと、4脚でゆったりバランスよく収まります。

80cm×80cm:2脚ゆったりサイズ

次に丸テーブルの場合。
2脚であれば80cm×80cmで十分ゆったり食事できます。

90cm×90cm:3脚標準サイズ

3脚ならこのサイズ。ただし、アーム付きだと少し狭いかも。

100cm×100cm:4脚標準サイズ

丸テーブルの標準サイズです。ダイニングルームが正方形に近い場合は、100cm×100cmの丸テーブルを基準に、通路幅とのバランスを見てサイズ検討すると決めやすいです。

110cm×110cm:4脚ゆったりサイズ

4脚ともアーム付きなら一回り大きい110cm×110cmがおすすめ。

次回は、もうひとつの基準である「部屋の広さ(通路幅)」についてご紹介します!

-まめ知識
-

執筆者: