まめ知識

天然木の経年変化って、どんな感じ?

投稿日:2018年8月31日 更新日:


先日、お客様から「ナラ材の経年変化って具体的にどのくらい色が変化しますか?」というお問い合わせを頂きました。以前からよく色の経年変化のご質問を頂くことが多かったので、参考までにショールームの展示品の画像でご紹介させて頂きます。

画像上側は天板部分で、常に光にさらされる環境。画像下側は引出部分で、普段光に当たらない環境。
製作してから約7年経過しています。

 

どうでしょうか。おそらく想像していたより変化の差が大きい感じがしませんか。

窓際の明るい場所や常に照明の光にあたるなど、設置する環境や、天然木ならではの個体差もあるので一様ではありませんが、製作してすぐの製品と、5年ぐらい経過した製品を並べたら、「あれ、これ同じナラ?」って思われるかもしれません。
また、木の種類によっても経年変化の仕方が異なります。
家具でよく使われる代表的な樹種を例にあげると、ナラの経年変化を基準に、メープルはわりとソフトに、ブラックチェリーはかなりハードに濃くなります。また男性に人気の高いウォールナットは、他と異なって、製作したときが一番濃くて、経年でだんだん明るくなる感じです。

 

どの樹種も「経年によって色が変化する」ことは、フェイクではない、本物の天然木ならではの醍醐味の一つだと思います。

ぜひ、オーダー家具で木の樹種を選ぶときは、経年変化後の色味も少し頭の中にイメージしておくといいかもしれません。

 

ちなみに、ぼくはナラの経年変化が一番大好きで、ショールームの家具を全部ナラ材で統一している理由の一つでもあります。

実物を見てみたい方は、ぜひ一度ショールームに遊びにいらしてください!

-まめ知識
-

執筆者: